「あてにいく」リーディングは面白いけれど、やっぱりやらない。

Tarot

こんにちは。八ヶ岳西麓・長野県原村でカモワン・タロットをベースにいろいろな学びを紡いでいるMiyoです。

原村は、今朝もマイナス15度でした。ここらへんは冬になると「マイナス」をいわないで、「今日は10度だったねー」みたいな会話をしているのが、移住直後は衝撃でしたね。(みなさんの薄着具合も)

タロット講座では3回目に、タロット勉強会では、毎回リーディングの練習をするのですが、

リーディング練習では、一番大切になっている「質問の設定」のいい経験になります。

時々、やはりですね、「あの人はどう思ってるんだろう」とか、「これからあの件はどうなりますか?」とか、そういうことを聴きたいって声もあります。

 

あの人はどう思っているんだろうっていうことをカードでひいてみて

解読することはもちろんできますし、

その人に焦点をあてて、潜在意識をうつさせてもらうことも、できるんです。

 

なので、できるかできないかでいえば、できる、なのですが、

わたしは、タロットも、タロット以外のもの。占星術とか、なんとかセラピーとか、霊視とかチャネリングとか。そういうものまるっとすべては、現実で生きていくわたしたちが、これからどう行動するのか、どう意識するのか、何を目指していくことが最善なのか、そういうエネルギーの使いどころに焦点をあてる「ツール」であると思っています。

 

過去生で、王様でしたよ。たくさんの家来が見えます。あなたは統率力があるのですね。

 

っていう過去を聴いて、じゃあ、今世、今、統率力を発揮できてないな、しなくっちゃ!

統率力を発揮するために、じゃああれをしよう、これをしよう・・・

 

ってなるのはどうかなって思うのです。

 

今、自分がどういう人生を歩んでいて、何が課題で、何が事実であって。

その中で、どういう選択をすればみんなが最善になって、最善な循環が生まれていくのか。

そのために、そういうツールを使ったほうが有意義だとわたしは、思うのです。

 

ばしっとあててみるのは、氣持ちがいいですし、面白いですしね。

読んでいるほうは、すごーいって言われるし、頼られるし、いいもんですよね。

 

でも、長い目で見れば、出たカードを一緒にみて、読んでみて、自分に問いかけて、

自分で考えて決めてもらうのがその人(依頼者)のためになるし、

しんどくても、目の前の事実を見るのが結局近道だったりすると思うのです。

 

だから、あなたはこうなのよ!こうしたほうがいいのよ!と断定するようなリーディングもしないです。

そういう質問設定も、そもそもしないですしね・・・

 

これは、さんざんグルグル依存したり、スピリチュアルジプシーにはまった、わたしの経験からであり、自戒でもあるのです。

なので、リーディングは結果として地味になりますが、地に足をついたものを目指しています。

 

☆オンラインでカモワン・タロットの講座をやらせてもらっています。随時リクエストいただいて開催しています。

オンライン・タロット講座

☆占星術やヒューマンデザインを組み合わせてその人の個性を深く掘り下げていくセッションなどもやってます。詳細はこちら

自分を深く知り、変容を促すセッション

 

 

Miyo

Miyo

八ヶ岳西麓・長野県原村在住。タロット歴は20年以上。現在は魂の道をサポートするSoulpathⓇサポーターとしても活動中。

関連記事

おすすめ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


魂の道を歩んでしあわせ循環を

Miyo

Miyo

岐阜県生まれの東京都育ち。ベンチャー企業での猛烈社員時代を経て2014年に八ヶ岳西麓・長野県原村へ移住後、石とタロットからの学びを続けています。 タロット歴は20年以上。20代で口コミで100人以上のリーディングをこなし、カモワン・タロットに出会ってからカモワン・タロットのみ扱っています。現在は魂の道をサポートするSoulpathⓇサポーターや企画会社メンバーとしても活動中。

オンラインタロット講座

タロット・リーディング

オリジナルパワーストーンツール

よく読まれている記事

  1. 1

    カモワン・タロットを購入しようとして大変だったこと。

  2. 2

    柔らかく、新たな時代を「自分」で生きる

  3. 3

    魚座を活かすために ~タロット×占星術からの考察~

TOP