TOP
MajorArcana story Tarot

“審判(ⅩⅩ)と10のエネルギー”

今日は、大アルカナの「ⅩⅩ 審判」をみていきます。

大アルカナの最後から2番目となるこのカード、アレハンドロさんの曼荼羅の中のⅠ~Ⅹの2つのサイクルでは、

二つ目の「潜在意識の成長」サイクルの最後のカードとなります。

 

10のエネルギーについては、“運命の輪と10のエネルギー”

にて語っていますが、10は、一つのサイクルの終りと、新しいサイクルの始まりが同居する数字。

ですので、振り子のように極端な局面にふれていくのです。

 

「運命の輪」においては、次にやってくる新たなサイクルの動きを「待っている」状況が大きく描かれていましたが、

このカードにおいては、もう明らかな「啓示」があり、新たな意識が誕生しています。

 

運命の輪が受け身的要素が強かったのに対し、審判のカードにおいては、抗えない”何か”があり、動かざるを得ないような状態です。

 

新しいとびらは開かれた。啓示に従って動きなさい、そういうカードです。

 

このカードがパーソナルな人は、両面の意味を持つのではないかと思います。

自分が意識しなくても、周りに”啓示”のような刺激を与え、変容を促していく面と

自分が望んでいなくても、新しい局面を切り開く場面に遭遇していく面。

 

どちらにしても、かなりのバランスと成熟が求められるでしょう。

ただ、それだけにお役目も大きく、流れにのることで充実した人生が待っているでしょう。

 

 

★☆マルセイユ・タロットをベースに、ご相談内容に応じたセッションをおこなっています。詳細はこちら→

«
»

what do you think?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください