TOP
MajorArcana story Tarot

“神の家(ⅩⅥ)と6のエネルギー”

今日は、メジャーアルカナ「ⅩⅥ 神の家」をみていきます。

 

このカードも、13、悪魔ほどではありませんが、タロットを”怖いもの”としているカードでもあります。

ライダー版やエジプシャンタロットの解釈の一部では、正位置でも、逆位置でもあまり良くない意味もありますしね・・・・

 

しかし。

このカードは、「6」を持つのです。

6は、愛の世界を知り、愛の世界を生き始めるのです。

6と16では、ステージが違いますので、意味合いも違いますが、共通ポイントとしては「愛の世界」。

Ⅵの恋人では、初めて複数人数がカードに誕生し、社会性や感情についての描写がなされます。

ⅩⅥでは、2人の人物が落ちているようにも見えますが、あえてそのポーズをとっているようにもみえます。

そして、大きななにかが起こっている様子も描かれています。

このカードのキーワードは「解放、閉じ込められていたものの出現」ですが、

それは、これから自分の本当の世界に向かっていく「祝福」でもあります。

(そもそも、名前も塔ではなく、神の家、なのですよね。神が住んでいるわけではありません)

 

今まで、外に神を、答えを探していた人々は、ようやく神は内側に宿ること、

そして身近なところにあることに氣づきます。(植物、土、視点がさかさま)

 

それに氣がつくことが大いなる祝福をもって、衝撃的に展開していくのです。

 

この彼らが草に手を触れて、土に意識を植え付けていく様子は、

人間はこの世界で生きる限り、土とは切って切れない関係であり、

そこに大いなる答えが刻まれているのだと言うことに触れたとき、大いなる感動がもたらされるのではないでしょうか。

 

★☆マルセイユ・タロットをベースに、ご相談内容に応じたセッションをおこなっています。詳細はこちら→

 

Tags:

«
»

what do you think?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください