TOP
Reading-practice story Tarot

“リーディング勉強会の風景:日本、どうなる?という抽象度の高い質問”

こんにちは。八ヶ岳西麓・長野県原村で、カモワン・タロットをこよなく愛してるMiyoです。

 

現在、八ヶ岳でのタロット勉強会の新規募集はお休み中で、オンライン・タロット講座でご参加いただいて勉強会に合流していただくかたちをとっていますが、今までの4期は月1回開催していて、そのうち2期がリーディング実践にはいっています。

 

毎回、お題をいただいて読んでいくのですが、いつもいろいろな学びがあります。

昨日の学びを少し。

 

昨日は、まずは各自で1枚引きをして、今の自分へのメッセージをいただきました。

自分のことをよむのってすごく難しいのですが、いかに客観的にカードを読み取るか、よい練習になりますね。

 

そして、お題も読んでいったのですが・・・

 

参加者さんのひとりから、「すごく抽象的な話題なのですが・・・」と、今のコロナ、ワクチン、そういうことがどうなっていくのか知りたいとお話がありました。

 

そうですよね。この、状況ってどうなっていくのか、知りたいですよね。

 

マスク一つとっても様々な価値観が交錯し、ましてやワクチンに関しては安全性について疑問視される声もありつつ、死亡者もインフルエンザワクチンの死亡率よりはるかに高い確率でいまのところでてしまっているにも関わらず、ワクチン接種希望者が殺到しているという現状。

 

自分で調べて伝えようとしても、なかなか伝わらない。

 

価値観がくっきりわかれていく様子は歯がゆく、もどかしく思うケースもあるわけです。

 

というわけで、最初は「今後、ワクチン接種が日本に与える影響はどうなりますか?」という質問を設定しましたが、カードが何枚も出続け、質問をリセットすることに。(わたしはカードが場に10枚以上でたら、質問が適切ではなかったということでリセットして再設定することにしています)

 

こういう抽象度が高い課題のとき、氣をつけなければいけないのは

 

それを知ってどうなりたいのか。何をしたいのか

 

という個にきちんと落としていくことです。

 

結局、それを行動や意識に結び付けなければ「あてる、あてない」のタロットと変わらなくなるからですね。

ここは、わたしのポリシー的なところもあります。

 

で、再設定したのは、あえて

 

日本、どうなりますか?

 

というめちゃくちゃ抽象度の高い質問を設定したあとに、追加質問をすること。

 

さて、こんな抽象度高い質問に対し、でたのはこちら。

 

剣のクイーン。目線は剣のⅤ。

 

剣のクイーンは、ステージとしては4,5の段階にいる状態なので、いわゆる剣の状態を最大限発揮している状態で、剣のパワーが最も強くなる状況を示します。そして見ている先はやはり同じステージを示し、同じシンボルである剣のⅤ。

 

このカードから、今後、日本はより新しい価値観(剣のⅤ)に対して、理論的、合理性を求めながらその価値観に向って合理的に集中していく様相になっていくことが読み取れます。

いわゆる、マイノリティ、その新しい価値観に合わない人たちにとってはきつい状況も予想されますね。

剣は、必要なものと不要なものをはっきり分けることで統治する世界なので、いい悪いではなく、それで統制がきちんととれていく世界でもあるのです。

 

 

ということは・・・

 

ムーンショット構想とか、バーチャルリアリティーとか。

そういう「新しい」価値感に合わないマイノリティが苦しそうですね。

 

ちなみに、タロットをこうやってやっていたり、ミエナイ世界と真剣に向き合っている人たちは、まだまだマイノリティかもしれないなとも思います・・・

 

というわけで、勉強会に参加している方、そしてこのブログを読んでいる方、みなさんマイノリティである可能性が高いですね。

 

で、次の質問としては

 

その新しい価値観に合わないマイノリティの人たちは、何をしたらいいでしょうか。

 

という内容を設定しました。

 

 

そして、でたカードがこちら。

 

教皇。目線はⅫの吊られた男。

 

マイノリティの人たちは、今までの価値観を理解しつつ、愛の世界をみすえて、自分の内部といつもつながりながら(Ⅻ)愛の世界を伝えていく。つないでいく。そこをやることになりそうです。

 

なるほど・・・

 

まあ、きっと、みなさん、感じていたことですね。

 

ポイントとしては、Ⅴであるということです。

 

ちゃんと、今までの価値観=ⅡⅡを土台にしてやっていくということ。あきらめないで、つないでいくこと。立場をとっていくこと。

 

そういうところを意識して過ごしていくのがマイノリティへのメッセージでした。

 

というわけで、昨日も美味しいお茶菓子をいただきながら、楽しい時間だったのでした。

 

 

☆オンライン・タロット講座は随時開催中です。タロットの世界観、基礎を丁寧にお伝えいたします。講座終了後は、定期的に開催しているリーディング勉強会へご参加いただけます。日程はリクエストをいただいて設定します。→

 

★☆タロットリーディングのセッションを行っています。質問の設定も丁寧に行いながら、ご相談内容に応じてオラクルカード、占星術チャート等を読み解きながら行っていくオリジナルセッションです。

詳細はこちらから→

 

«
»

2 COMMENTS

  • Mari on 2021年6月1日

    Miyoさん♪初めてコメントさせていただきます。

    タロットで、抽象的なことを聞いてみたい時もありますが、こんな質問したらおかしいかな?とか ついそんな感じで避けたりしますが。
    でも、こんな感じでみていくと、うん。うん。深いですね。
    Miyoさんのタロットは、自分の内面を深く探れるので とても満ちる時間です。

    こうして 発信してくださること。ありがとうございます⭐️

    Reply
    • Miyo on 2021年6月2日

      Mariさん、ありがとうございます!
      そうですね。抽象的なことを聞くこと自体、悪くはないのですが、結局のところわたしはどうしたいのだろうか、というところに結び付けられるかがポイントかなと思います。
      これを知ってどうしたいのかな、っていうところにいつも戻ってくれば抽象的なことを聞くのも面白いなと思います。
      ありがとうございます!

      Reply

what do you think?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください