場をみるときに、共通する数字をみる ~リーディング練習から~

Tarot

こんにちは。Miyoです。

八ヶ岳西麓・長野県原村はすっかり一桁の氣温になる日も増え、着々と冬の足音が近づいています。

 

さて、先日のタロット勉強会。

勉強会では、人数が多いときと少ないときで、やることを変えたり

その時の旬のことを取り入れたリーディングをやってみたり

時折占星術と絡めてリーディングをやってみたり

いろいろやってます。

先日の勉強会では、豆乳ヨーグルトとササニシキの生米によるヴィーガンチーズケーキ作りました。

ふふ。

 

今年はいろいろ世界情勢が変化しそうだねってことを前々からいろんなところからきいていましたし、

わたし自身もそういう感覚があったので、どうやって自分をたてていくか、そこに焦点をあてたほうがいいという思いを強くしていたんですよね。

感染症モンダイはその一連の流れをつくるきっかけでもあったと思うのです。

いろんな意味で、価値観がはっきりしてきましたしね。

 

で、タロットとは別なのですが、先日、マドモアゼル・愛さんが提唱している妖精茶会を開いてみたのです。

とっても不思議な感じで、とっても楽しかったのですが

 

そのときからですね・・・自分自身の奥底が変わっていくような感覚をもっておりまして。

といっても静かな静かな変化です。小さな川の流れのなかに石がおかれて流れが変わったような。一見そこまで大きく感じられないもののような。

 

その変化を映し出すように、日常への予定の入り方がガラッと変わってきたんですよね。

(それについては、ここで書いてます→妖精茶会・その後

 

全然焦りとか不安とか、そういう感情はいっさいなくどちらかというと「どうしようかなー」っていう、小学生の頃の夏休みに

 

今日はなにしようかな

 

って感覚を久しぶりに味わっているのですが

 

それが1か月続いてくると、だんだんと

 

あれ?わたしこのままどうなってしまうんだ・・・

得意の言語化についても、あまりやる氣にならないし、このアイデンティティは失われていくのか・・・?

 

と、ちょっとあれ??ってなってきて、どうしたもんかな、って思っていたんです。

 

そんな時に勉強会で、久しぶりにみんなでわたしのことをひいてみようよって話をしてくださって、ひいてもらいました。

 

わたしが、このような状態になっていることを、どうとらえたらいいですか?

(こういう質問だったような・・・うっかり書いてない・・)

に対して、でたのはこのカード

 

棒の2の正位置。

2は準備期間、理想を描く時期、何を求めていくのかを自覚していく時期

そして棒なので、自分の内側や衝動をみつめ、自分は何を欲しているのかを自覚していくということですね。

 

・・・

自分はこの先、どうしていきたいか、自覚していくために余白が与えられたのでしょう。

頭で考えたり、予定をこなしているほうが、ある意味、そこから逃げられますからね・・・

く・・・

 

さらに。

その日のメッセージがこちらでした。

自分でもひいてるじゃん。2

 

こういうときは、思いっきり「2」なんだな。という理解をしていくといいと思います。

 

場にでたカードもそうですが、その前の質問で出ていたカード、全然関係ないようにみえる質問であっても

共通したカード、もしくは共通した数字に着目すると

その人にとっては、今、この数字の意味合いがテーマであり、エネルギーが強くなっているのだということがわかります。

 

ちなみにコートカードであれば、その段階に該当する数字に着目してみるといいですね。

 

というわけで、わたしにとって、今は「2」

とにかく、自分がどうしたいのか、何を求めているかをみていかないとみたいです。

 

・・・そろそろ、書き出しでもしてみるかな(人にすすめているくせに、自分はなかなかやらない)

 

タロットは、自分が無意識に感じ取っているものを言語化したり、顕在化してくれるので

ぜひ、自分と向き合うときに使ってみてほしいツールです。

 

☆タロットを占いだけで使うのではなく、流れや自分の状態を自覚し、行動に結びつけるためのツールとしても使うことを目的としてお伝えしています。リクエスト開催なのでご希望あれば開催します。詳細はこちらです→

 

 

Miyo

Miyo

八ヶ岳西麓・長野県原村在住。タロット歴は20年以上。現在は魂の道をサポートするSoulpathⓇサポーターとしても活動中。

関連記事

おすすめ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


魂の道を歩んでしあわせ循環を

Miyo

Miyo

岐阜県生まれの東京都育ち。ベンチャー企業での猛烈社員時代を経て2014年に八ヶ岳西麓・長野県原村へ移住後、石とタロットからの学びを続けています。 タロット歴は20年以上。20代で口コミで100人以上のリーディングをこなし、カモワン・タロットに出会ってからカモワン・タロットのみ扱っています。現在は魂の道をサポートするSoulpathⓇサポーターや企画会社メンバーとしても活動中。

オンラインタロット講座

タロット・リーディング

オリジナルパワーストーンツール

よく読まれている記事

  1. 1

    小アルカナの世界:「金貨」の世界の描写に植物が多いワケ

  2. 2

    リーディング例:夢からのメッセージを受け取る

  3. 3

    2025年7月までにやっておいたほうがいいことをきいてみた~リーディング勉強会より~

TOP
CLOSE