TOP
MajorArcana story Tarot

“太陽(ⅩⅤⅡⅡ)と9のエネルギー”

今日は、メジャーアルカナ「ⅩⅤⅡⅡ 太陽」をみていきます。

太陽のカードは星と並んで、大吉とされるすべての意味において「良い」印象をもつカードです。

見た目も、まっすぐにこちらを見つめる太陽、一切の影もなく、ひかり輝く太陽。

そして、その下には今到着したような人(左)をすでに到着していた人(右)が出迎えています。

 

この構図はどこかでみた構図ですね。そうです、「ⅩⅤ 悪魔」です。

太陽の目は、どことなく悪魔の目と共通しており、下にいる二人は悪魔から成長した二人なのですね。

 

そして、このカードは「9」のエネルギーを持ちます。

9は奇数の最高数字でありながら、偶数的な要素を持つ数字でしたね。

9は、新しい世界へ行こうとするエネルギー。

8の完全性から離れ、新しいまだ見ぬ世界へ。

 

ⅤⅡⅡの隠者のときは、次に何がくるかわかっていなかったので、

後ろ向きに後ずさりしながら進んでいくエネルギーでしたが、

太陽になると、一つのサイクルを終えているので次に何をすべきか、建設的にわかっている状況になっています。

そのような新しい世界を築いていくためのエネルギーを、宇宙の父の役割として、

誰にでもまんべんなく注いでいく、そんなカードです。

 

パーソナルカードがこのカードの人は、誰にでも、分け隔てなく、とても男性的な平等さで接していくことでしょう。

そして、いろんな方々に頼りにされる、いつでも中心的な存在となっていくでしょう。

 

★☆マルセイユ・タロットをベースに、ご相談内容に応じたセッションをおこなっています。詳細はこちら→

 

Tags:

«
»

what do you think?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください