TOP
MajorArcana story Tarot

“隠者と9のエネルギー”

今日は、メジャーアルカナのⅤⅡⅡ(9)の隠者についてみていきます。

ちなみに、アレハンドロさんはこの数字の表記についても細かく触れていて、タロットでは数字はあくまでも積み上げていくものなので、9もⅨではなくⅤⅡⅡと表記されているのでした。

 

さて、9は数秘術においては最後の数字になりますね。(ぞろ目などは除いて。一般的に)

最後の数字だけあって、変容の数字、とか、世界平和の数字というイメージですが。

ミスティカル数秘術のノボさんはこのように説いています。

 

9:エンニドは、すべてのパターンが最終的に注ぎこんでいき、エネルギーの変容を起こすところです。

(中略)

これは政治、医療、ヒーリング、教育、慈善事業など人類愛にまつわる分野において、

社会全体に利益をもたらす形に最終的には落ち着きますが、その過程における現れ方は、

星がきらめく夜空になるか、はたまた環境を焼きつくす大荒れの山火事になるか、そのどちらかになるでしょう。

(中略)

自分自身を尊重して、自分の面倒をみることができない人が、そのプロセスを飛び越して家族/共同体/慈善に自己を投入することはできません。

 

(『ミスティカル数秘術』ノボ・カリプソ著/小松原さおり訳 ナチュラルスピリット社より)

 

そうですね。9というのは最終の数字だけあって、次のサイクルのニオイがしてくるのです。

変化を常に感じながら、動かねばならない、なにかのために。と焦りが起きやすい数字でもありますね。

 

そして、カモワン・タロットのⅤⅡⅡの隠者のキーワードは「危機、通過、叡智」です。

彼は過去のほうをランタンのようなもので照らしています。

Ⅴの教皇では半分だった水色のひげは、全部が水色となり、彼自身が多くの叡智を身につけたことも示しています。

彼は、次の世界が来ることをわかっている。でも、どんな世界かはまだわからない。

Ⅷの完全性の状態から変化が起きていることをわかっていて、次に進もうとしているのです。

 

バランスがとれている状態では、今までの経験が叡智となり、受容性も能動性も併せ持つ特殊な存在として、周囲にひかりを照らす存在となっていくでしょう。

 

バランスを崩すと、自分を満たさないまま(叡智がない状態で)大きなことを成し遂げようと焦り、とっちらかる、

過去にすがり動かなくなる・・などの状態になっていきますね。

 

★☆マルセイユ・タロットをベースに、ご相談内容に応じたセッションをおこなっています。詳細はこちら→

 

★☆カモワン・タロットの共同創作者、アレハンドロ・ホドロフスキーさんの著書をベースにカモワン・タロットの勉強会を開催しています。場所は長野県原村近辺です。多くの人にタロットの素晴らしさを知っていただきたいので資料代とお茶代のみでやっています。

(2018年は2月から開始予定です。) 詳細はこちら→

 

 

 

 

 

 

Tags:

«
»

what do you think?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください