パワーストーンジプシーのはじまり

Stones

わたしが初めてパワーストーンに「効果」を求めて頼ったのは、高校生の頃でしたが、それ以降は特にまた興味もなくなり石との生活は無縁でした。

 

そして次にわたしが興味がでたのは、やはり「効果」を求めての29歳(タロットと同じですね・・・)

仕事が猛烈に忙しく、多少なりとも稼いでいた収入は「癒やし」や「食べ物」と消え、とにかく消耗しきっていました。

 

そのころ、職場の近くにあった東京の青山骨董通りの小さなパワーストーンのお店。

(そこは、青山ルチルというお店で、今はかなり有名になっているようですね。移転もしているようです。)

 

なんとなく氣になって入ってみたところ、色とりどりのたくさんの綺麗な石が並び、久しぶりに「無条件で好きな世界」へと足を踏み入れた感覚は今でも覚えているくらい感動的なものでした。

 

最初はそこで視てくれる「霊視」占いに惹かれ、そこから「スピリチュアル・ジプシー」が始まっていくのですが(笑)、同時にパワーストーン・ジプシーの始まりでもありました。

 

占いのあとに、「ぴったりの石」を選んでいただいた時のあのうれしさ。

でも、なんとなく違うかな、と思い始めてまた「ぴったりの石」を探し続けるわたし。

 

石を求める動機によって、ジプシーになるか、好きで石にきてもらうかが変わってきますよね。

 

当時のわたしは、明らかに前者で、石に効果をひたすら求めることで、「パワーストーン・ジプシー」となっていったのでした。

 

ここに並ぶ石たちは「ジプシー」を卒業して、好んできてもらった石たちです。

これで半分くらいです(笑)

 

☆★ヒューマンデザインのチャートから読み解く「ライフテーマ」をベースに、タロットのソウルカード、パーソナルカード、占星術を総合してリーディングした天命をサポートするリーディングブレスレットをお作りしています。

詳細はこちらから→

 

★☆タロットリーディングのセッションを行っています。ご相談内容に応じてオラクルカード、占星術チャート等を読み解きながら行っていくオリジナルセッションです。

詳細はこちらから→

Miyo

Miyo

八ヶ岳西麓・長野県原村在住。タロット歴は20年以上。現在は魂の道をサポートするSoulpathⓇサポーターとしても活動中。

関連記事

おすすめ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


魂の道を歩んでしあわせ循環を

Miyo

Miyo

八ヶ岳西麓・長野県原村にて石とタロットからの学びを続けています。 タロット歴は20年以上。20代で口コミで100人以上のリーディングをこなし、15年前にカモワン・タロットに出会ってからカモワン・タロットのみ扱っています。現在は魂の道をサポートするSoulpathⓇサポーターとしても活動中です。

近日開催講座

タロット・リーディング

オリジナルパワーストーンツール

よく読まれている記事

  1. 1

    オンライン・タロット講座開催のお知らせ(12月6日スタート)

  2. 2

    カモワン・タロットを購入しようとして大変だったこと。

  3. 3

    タロット曼荼羅のエネルギー

TOP