TOP
story Tarot

“「力」から学ぶ:深い成長は本能を受け入れることから”

タロットのメジャーアルカナ(大アルカナ)の曼荼羅もいくつか方法があり、それぞれの世界がひろがるのですが、アレハンドロさんが示すシンプルな方法の1つが、1から10、11から20に並べるものです。

 

 

タロットの中には数秘術的な要素も深く関係していて、そこを理解してから全体像を把握するのがわかりやすいのですが、この1から10、11から20というのもそこに関連しています。

 

1から10のサイクルは、顕在意識レベルでの成長が中心、11から20は潜在意識レベルでの成長が中心に描かれています。

 

そして、この11のカード。「力」。

潜在意識への成長がスタートする最初のカードであるこのカードは、このサイクルで何を得るのか、何を目的としているのかを示してくれています。

 

冒頭に使った画像は使用できるものなので、わたしが使うカモワン・タロットとは色合いや詳細が微妙に違うのですが、サイクルの横にある「1」の大道芸人と多くの共通点を持ちながら、全体的に静かな雰囲氣になっています。

 

そしてこのカードは、ともすれば人を飲み込んでしまう大きな生きもの(獅子)に対し、そっと手を触れるだけで制しているように見えます。

(実際、カモワン・タロットではちょんと手をおいている感じです。そして獅子の色も本能的なものを示す肌色になっています。)

 

このカードの中で示されているのは、潜在意識へ深くアクセスしていく、魂レベルでの成長に際し、自分の内側にある本能的なものをまずは受け入れることからスタートするという要素です。

 

本能。

それは、ドロッとしたものだったり、社会的な常識から考えると「ありえない」ものだったり、みたくないものだったり。

 

そんな自分の内側にあるいろんなマグマのような、抑えきれないとどうにかなっちゃいそうな、無意識で見ないようにしてきた何か。

 

そんな自分で見ないようにしてきたいろんなものを、

まずは自分自身で受け入れ、向かい合う覚悟が成長にとって必要なのです。

 

そんな力のカードが、第2サイクルの最初にきていることも、とても意味があるように思います。なので、わたしはやはり、8は正義であり、11は力であるほうがしっくりくるのです。(ライダー版やエジプシャンでは逆になっています。)

 

この本能的な部分で最もドロッとしたものは、ワンドの「性的エネルギー、創造エネルギー」の部分で詳細に描かれていくのですが、そこはまた追って綴ってみますね。

 

 

 

Tags:

«
»

what do you think?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください