TOP
Reading-practice story Tarot

“カードを観察する。直感とのバランス”

タロット勉強会で一通りの知識編を終えると、みんな全カードを使ってリーディング練習をしていきます。

2017年からタロット勉強会に参加してくださっている皆さんも、今でも月に1回、リーディング研究会と称して膝をつきあわせ、お互いのお題を持ち寄ってリーディングしあうのです。

 

そんな中、やはりだんだん慣れてくるとどうしてもやってしまいがちなこと。

 

それは、「雰囲氣」でよんでしまうこと。

 

カードとのつながりが強くなってくると、もちろん、カードが語りかけてくるように感じたり、カードの人物がご依頼者様の関係者にみえたり、すぐにふってくるインスピレーションも磨かれていきます。

 

アレハンドロさんの本でも、リーディング例をみていくと、「これは・・・どこからそう解釈したのだ?」というくらい、きっとご依頼者様とのやりとりでそうなったんだろうなーっていう内容がでてくるのです。

 

なので、ある程度直感を使っていくのは必要なのですが、「直感だけ」になってしまうのは避けたいところです。

 

というのは、やはりカードを介して潜在意識の鏡の内容を読み取っていく以上、直感とともに必要なのは、観察すること。

 

タロットの全体像の中で、どのようなカードが中心にでているのか。

前後関係はどうか

ステージはどうか

共通点はどこか

 

個々のカードのキーワードを読み解いていく前に、しっかりと全体像をつかんでいくと、細かいキーワードも逆に拾いやすくなりますね。

 

たとえば、これ

これは1枚引きで、カモワン方式でひいています(解決カード、目線カードあり)

 

今問題になっていることの原因はなんですか?という質問。

 

まず着目すべきは、ペンタクルナイト、ワンドエース。そして、大道芸人。

ナイトは、エースへ向かうカードですから、エースの要素を含むのです。

さらに、循環の中においては、ペンタクルの次がワンドですから、関係性が深いカードがでています。

そして、大道芸人も「Ⅰ」の要素を含む。

 

全体像としては、まず、そこから観察してつかんでいくといいですね。

ペンタクルナイトの逆位置に対して、ペンタクルキングが解決カードというのも、興味深いです。

一つ前の、段階の経験や知恵を活かしていくわけです。

 

 

さらに、関連質問で、抱えている問題に対しての最善策は?で、でたカードがこちら

ここにもエース、Ⅰにからむカードがでていますね。

カップのエース、剣のペイジ、そしてペンタクルのⅩ。これはペンタクルナイトと同じステージのカードなので

先ほどのカードたちと強く連携していることがわかるのです。

 

これらの全体像をつかんだうえで、各カードのキーワードを丁寧にひろっていくと、

詳細かつ、指針をつかむような流れのリーディングをしていくことができるでしょう。

 

タロットの世界は奥深く、そして小アルカナは特にニンゲンらしくて面白いです。

 

直感が鋭い人ほど、そこだけに偏りがちですが、観察は基本中の基本。

是非、そこのバランスを心がけてほしいと思います。

 

★☆マルセイユ・タロットをベースに、ご相談内容に応じたセッションをおこなっています。詳細はこちら→

 

☆★タロットで1年間をよんでいく、サイクル・リーディングもおかげさまで好評をいただいています。バランスが崩れる時も、どのように対処したらよいかの「解決カード」をひいていきますので、実践的なリーディングを心がけています。詳細はこちら→

 

☆タロット勉強会毎年やってます。3人以上集まったら開催します。2019年は定員となりましたが、来年度以降リクエストありましたらご連絡ください。詳細はこちら→

 

Tags:   

«
»

what do you think?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください