TOP
Reading-practice story Tarot

“「愚者」と過ごした1ヵ月”

タロット勉強会、なんと3期目になっているのですが、その3期の勉強会の中で、「アレハンドロさんの本『タロットの宇宙』では、アレハンドロさんが各カードと過ごして聞き取ったメッセージが書いてあるんだよ-」って話をしたら、メンバーの一人が、

 

じゃあ、わたしたちもやってみましょうよ!

 

と提案してくれました。

 

そ、そうだね・・・たしかに・・・

 

1ヵ月も同じカードと過ごすなんてアレハンドロさんくらいのディープなオタクしかいないさ、と思っていたのですが、まさかのここで、やることに。

 

というわけで、これから1ヵ月各カードと過ごして、メッセージを感じ取ることをやっていこうと思います。

勉強会では、各メンバーの感想をシェアしていきますが、ここではわたしが受け取ったものをシェアしていきますね。

 

というわけで、トップバッターは、愚者。

愚者については、こちらでも書いてます、ってリンクはろうと思ったら、書いてない??あれ?

というわけで愚者のカードについては、また後日書きますね。今回は、感じ取ったメッセージを紹介します。

 

わたしは、一緒に過ごすといっても、いつも目に入る自分のワーキングスペースに、大黒さまと目を合わせる形でおき、感じるようにしました。

 

話しかけようと思っても、なんとなく会話する感じでもなく、じーっと見ていても、話しかけてくる感じでもなく。

こないなぁ・・・と思っていたのですが、ある日車を運転していたときに、突然メッセージのようなものがきたのです。

 

可能性や自由、無限という言葉に

誰しも憧れがあると思う。それは、確かに素晴らしく、大きく、ワクワクするものなのだ。

 

しかし、本来の自由とは何か?何があれば自由なのか?

そういう一番根っこにあるようなことに、あまり目を向ける人はいない。

 

ただただ、拡大すればいいのか。

ただただ、できるものが大きければいいのか。

 

それは、この地球の世界で生きるにあたっては、実は自由でもなんでもなく、

かえって、生きづらくなることにつながることも、覚えておいてほしい。

 

枠や制限があること。

例えば、自分というカラダを持って、癖を持って、意志を持って何かをするということ。

この「自分」という枠があるからこそ、地球では様々な行動ができる。

価値観の違う存在とのふれあいができる。

地球という宇宙からみれば、特殊な環境の中においては、

枠や制限こそ、自由を実現するためのプレゼントなのだ。

 

自分に与えられた枠、制限をもっと理解し、感謝し、そこに目を向けたときに

きっと、あらためて可能性の拡大がみえてくるだろう。

 

あ、内容からして愚者だな・・・ということで、メモもとれずにいたのですが、

こうやって書いてみると思い出せました。

 

愚者。すごいですね。

 

そして、愚者と過ごした1ヵ月の「現象」としては、

・新しいものと出会って可能性が拡大した

・新しい仕事が始まる氣配をひしひしと感じている

 

という感じでしょうか。ちなみに、イヤーリーディングしたわたしの10月は、

 

新たな事業でいろいろと行動する時期。リスクは負うがやってよし

 

ということで、あと1週間ほどの10月、どうなるのか。そしてこのタイミングで仕事をあらわす大道芸人に切替え。すごい・・

 

さて、次の1ヵ月はわたしのソウルカードでもある「大道芸人」。楽しみです。

 

★☆マルセイユ・タロットをベースに、ご相談内容に応じたセッションをおこなっています。詳細はこちら→

 

★☆あるテーマに沿った1年間のサイクルをタロットで拝見して、それぞれのアドバイスをお伝えします。バランスが崩れる時も、どのように対処したらよいかの「解決カード」をひいていきますので、実践的なリーディングを心がけています。詳細はこちら→

Tags:  

«
»

what do you think?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください