毎日メッセージの活用法

Tarot

こんにちは。Miyoです。

八ヶ岳西麓・長野県原村は久しぶりに雪がたくさん降って、家の前でソリができそうです。

昨年から、Instagramで毎日タロットカードをひいてメッセージを3行にまとめアップしています。

たとえば、こういう感じで。

そういえば、お友だちに

どうして、あんなに毎日淡々とアップできるの?

って聞かれてことあるのですが、そうですねぇ・・・

 

ご縁ある人に何かたすけになればいいな

ってくらいです。

 

わたしは今、講座もオンラインでやったりしていますが、少人数で3時間×3日のスタイルでやってますし、

そんなに爆発的に講座を売りたいってわけではないんですよね・・

 

そうなると、わたしがご縁をいただける機会ってとても少なくて、

そうはいっても、こうやって自分の意識や行動を自覚的にしていくことの大切さを伝えたいなって思って

昨年から始めて今もつづいているわけなんですよね。

 

で、この活用法なのですが、サイクル・リーディングのときと同様に

 

ちらっとみて、「ふーん」って思って忘れる

 

です。

 

 

で、次の日とかその日の終わりに

 

そういえば、こういうことあったな・・

これが、〇〇ってことなんだな

 

ちらっと思う。

 

これだけです。

 

例えば、ワンドの3が出た日の出来事ですが

 

そういえば、あれやってみようかなって突然思いついて、

その思いついたことは、何度か頭の中で描いたり、違う角度で勉強してきたことだったので

 

あ、やってみよう!って関係者に電話して段取りしてさささーって進めてみたんです。

そしてその日の終わりに「あ!行動してる!!なるほど!2の準備との絡みってこうなんだな」

と振り返ったわけです。

 

これはですね。

一回文字として認識し、頭の中にいれますが

それにとらわれてしまうとあまり意味がないので「忘れて」もらって過ごす。

 

そして、一回、「こういうことかな」と自覚する。

 

これを繰り返していくことで、いそがしい毎日でも自覚する瞬間が1日2回、できるわけです。

そして、自分なりの使い方がわかってくるんじゃないかなって思います。

 

そして、メッセージを伝える役割を持っている人は

この自覚で自分の引き出しを増やすことで、伝え方に深みが出ていきますよね。

ぜひ、活用してみてください。

 

 

Miyo

Miyo

八ヶ岳西麓・長野県原村在住。タロット歴は20年以上。現在は魂の道をサポートするSoulpathⓇサポーターとしても活動中。

関連記事

おすすめ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


魂の道を歩んでしあわせ循環を

Miyo

Miyo

岐阜県生まれの東京都育ち。ベンチャー企業での猛烈社員時代を経て2014年に八ヶ岳西麓・長野県原村へ移住後、石とタロットからの学びを続けています。 タロット歴は20年以上。20代で口コミで100人以上のリーディングをこなし、カモワン・タロットに出会ってからカモワン・タロットのみ扱っています。現在は魂の道をサポートするSoulpathⓇサポーターや企画会社メンバーとしても活動中。

オンラインタロット講座

タロット・リーディング

オリジナルパワーストーンツール

よく読まれている記事

  1. 1

    小学1年生がひいた「深すぎる」質問とカード解説

  2. 2

    リーディング例:夢からのメッセージを受け取る

  3. 3

    自分の軸を大切に、魔法を使いこなす

TOP