TOP
Reading-practice story Tarot

“サイクル・リーディング”

今年もあとわずかとなりましたね。あわただしくも、次の年を意識する空氣感があるのでしょうか。

八ヶ岳に住むようになって、だんだんそういう区別があまりないような感覚があります。

旧暦を意識しているからかもしれません。でも、そうはいっても、現代の暦では節目であることも確かですね。

 

さて、わたしがひそかに氣にいっているのは、タロットによる「サイクル・リーディング」。

1年分の毎月のメッセージをテーマを決めてリーディングしてお伝えするというものです。

 

これは、毎年自分用にもやるようにしています。

振り返って紹介しようと思っていたのに全然できていませんでした・・・汗

 

で、そういえば、今年も終わるなと思って自分の分をみてみると

ううう、衝撃でした。そうだった。まさに。という感じでタロット恐るべし、なのです。

 

12月、ちょっと紹介しますね。

わたしの場合、テーマは「仕事」です。

 

ちなみに、出たカードは

ワンドのページ→(目線)→カップのページ

でした。

 

メッセージとしては、

創造したい=やってみたい ことがあるが、どうしようか迷うでしょう。そして、それを人に打ち明けるかどうかも迷うでしょう。

ひとりよがりになるかもしれないので、じっくりあたためてみましょう。

そして、それをソウルメイト的な大切な友達にうちあけてみるのもよいでしょう。

 

でした。

 

・・・・

 

実は、ノートをあけてみたのは、ここ数日でどうしてもやってみようかな、どうしようかな、と思っていることがあって、

でもそれは本当に求められてるものなのか、単に自分がやりたい自己満足に終始するものではないか、

ぐるぐる考えていたのでちょっと確認しようと思ったんですよね・・・

 

もうちょっとあたためる感じですな。

 

本当は、このメッセージをちょくちょく見返していれば、「あ、今こういう感じか。だったら・・」とぐるぐるする前に次に進めたんですけどね。

自分てちゃんと使ってない。いや、もうちょっとちゃんと使おう。

 

というわけで、サイクル・リーディングは毎月のおともにお勧めだったりします。よかったらご依頼くださいね。

詳細はこちら→サイクル・リーディングbyタロット

 

Tags:  

«
»

what do you think?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です