イヤーリーディングの活用例:4月の振り返り

Tarot

こんにちは。まだ朝は0度近くまで冷え込む八ヶ岳の西麓・原村にてタロットを学び続けているMiyoです。

さて、タロットを内観に使ったり自分のメンテナンスに使う方法のひとつとして、あるテーマに対する1年間の流れのようなものをあらかじめひいて、自分へのメッセージを書いておくイヤーリーディングを紹介しています。

 

イヤーリーディングについてはこちらもどうぞ

テーマを決めて1年分をよんで表現する・イヤーリーディング活用法

イヤーリーディングの活用例:1月、2月の振り返り

イヤーリーディングの活用例:3月の振り返り

4月も終わったので、実際にわたしがどうだったかなっていうところをシェアしたいと思います。

 

4月:新しい仕事の話がきそうだが、なかなか決められない、踏み切れないかも。自分がやっていて楽しそうか、それに喜びを感じて取り組めそうかで判断して。

 

4月ですね。そうですね。まさに、新しい仕事というか、企画をやろう!ってなってたのですが、なかなか決められない状況でした。まさに。

ただ、このメッセージだけを先行してとらえると

 

何か問題があって決められないのかな。トラブルがあるのかもな。氣のりしないのかもな

 

ととらえがちなのですが、蓋をあけてみると一緒にやろうとしていたお相手も含め、いざ決めようとなっていくとお互いめちゃくちゃいそがしくなってしまい、全然時間がとれず、「決められない」状況になったのでした。

 

そして、二人で話しているときに

 

あ、これ、すんごい楽しそうだねーーー

 

ってなったときに、ようやく踏み切れた。で、スイッチはいったのが、4月最終日笑

まさにですね。

 

で、ここで思ったのは、メッセージの活用方法として、一見ネガティブにみえること、例えば今回のように「決まらないのかー」みたいな内容は、そんまんまフラットに受け止めておきましょう。

そして、解決カードからのメッセージを念頭において過ごすだけでいいのだと思います。

わたしも、結果として「喜びを感じられるか」で判断していましたので。(意識的に使ったというかは定かではない・・・w)

 

5月は、もうちょっと意識的にメッセージ使えるようやってみます(そこ?)

5月:なかなか思うようにお金がまわらないことに焦りそう。大きな視野と自分の内側からのやりたいことに投資することが鍵だが、うまく伝えられず、行動しなくなりそう。自分のやれることを理論的に考え、社会的立場、つなぐことに固執せずとにかく新しい価値観への喜びを優先させてみて。

 

なんかー5月もーだるいかんじーー

って、今、メッセージとの付き合い方書いたばかりですね・・・

 

やはり課題がありますが、それはそれでどういう展開になるのか、楽しみにするということで。

ちなみに、本当に今年はずーーーっと逆位置からスタートしたリーディングになり、それでも今のところ、すごくいい結果というか、思いもよらない感じで展開しているのです。

 

なので、楽しんでいこうと思います。

☆イヤー・リーディング(サイクル・リーディング)のご依頼はこちらから→サイクル・リーディング

☆オンラインでカモワン・タロットの講座をやらせてもらっています。随時リクエストいただいて開催しています。今募集中のものもありますので、よかったら

オンライン・タロット講座

オンライン・タロット講座 開催のお知らせ(5/11スタート)

 

☆イヤー・リーディング(サイクル・リーディング)のご依頼はこちらから→サイクル・リーディング

☆オンラインでカモワン・タロットの講座をやらせてもらっています。随時リクエストいただいて開催しています。今募集中のものもありますので、よかったら

オンライン・タロット講座

オンライン・タロット講座 開催のお知らせ(4/21スタート)

 

 

 

 

Miyo

Miyo

八ヶ岳西麓・長野県原村在住。タロット歴は20年以上。現在は魂の道をサポートするSoulpathⓇサポーターとしても活動中。

関連記事

おすすめ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


魂の道を歩んでしあわせ循環を

Miyo

Miyo

八ヶ岳西麓・長野県原村にて石とタロットからの学びを続けています。 タロット歴は20年以上。20代で口コミで100人以上のリーディングをこなし、15年前にカモワン・タロットに出会ってからカモワン・タロットのみ扱っています。現在は魂の道をサポートするSoulpathⓇサポーターとしても活動中です。

近日開催講座

タロット・リーディング

オリジナルパワーストーンツール

よく読まれている記事

  1. 1

    オンライン・タロット講座 開催のお知らせ(10月14日スタート)

  2. 2

    教皇と悪魔の裏表関係からみる、新しい価値観のつなぎ方の違い。

  3. 3

    ソウルカードとパーソナルカード

TOP