TOP
Stones story

“アゼツライトは、なじんだのか。”

パワーストーンに興味がある方は、一度はきいたことがあるだろう、「アゼツライト」。

2012年の直前あたりから、次元上昇のためにあらわれた石として、注目を集めたのは記憶に残っているかもしれません。

 

アゼツライトについて検索してみても、「次元上昇」とかそういう宇宙的な、スピリチュアル的な言葉はよくみかけますが、「いったいなんなんだ」というのはあまりでてこないですね。

 

ここのサイトの説明が比較的、客観的かもしれません。

http://natural-style.biz/powerstone/azeztulite.html

 

少し引用しますね。

アゼツライトは近年発見された、いわば「新種の水晶」で、驚くほど強い神秘的なパワーを持つといわれています。主にアメリカ・ノースカロライナやバーモント、インドのサチャロカなどで産出されますが、ノースカロライナのアゼツライト鉱山はすでに閉山したという情報もあり、いずれ市場から姿を消してしまうかもしれない、大変希少なパワーストーンです。

アゼツライトを世に広めたのは、アメリカのパワーストーン研究家 Robert Simmons氏と、チャネラーの Naisha Ahsian氏。お二人が、導かれるようにアゼツライトを発見されたエピソードはとても有名です。二人の共著である「The Book of Stones」によると、「アゼツ」とは、多次元に渡る宇宙存在の集合体であり、名もなき光の化身だと解釈されています。そしてNaisha Ahsian氏は「アゼツ」という存在とのチャネリングによって、この石の存在を知らされたと書かれています。

 

まあ、いわば、価値づけられた水晶のようなものなのですが、わたしが最初に手にしたのは2010年ごろ。

たしかに、石酔いのようなものを感じたのは覚えているのです。

ちなみに、ここでちょっと自分なりに書いてますね→【アゼツライト】初めて「石酔い」した石

 

ちょっと最近感じるのは、「わりと普通になったなぁ、アゼツライトのエネルギー」ということです。

それだけ、なじんできたのかなとも思いますし、今やアズマーとか、いろいろな種類がでていますので、アゼツライト自体がより普通になってきたのかもしれませんね。

 

わたしが、Soulpathの自分を深く知るセッションでおつくりしたレポートは、セッション前にその方にあった石とチャクラカードをのせてエネルギーチャージしていますが、だいたい、アゼツライト、出番多いのですよね。

 

やっぱりそういう「ここぞ」という時に出番のある石でもあると思います。

水晶の力強さに加えて、ホワイトエネルギーというか、セーラームーン的な?げんきに前に引っ張ってくれる感覚もあるかなと思うのです。

 

背中をえいっと押したら一氣に変わっていくような転機にきている方には、きっとアゼツライトなんだなと思うのです。

 

 

Tags:

«
»

what do you think?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください