TOP
Reading-practice story Tarot

“軽めの質問でも、意味があります。”

タロットのリーディングセッションでは、質問を定めるまでに結構な時間を使います。

敬愛するタロットの師匠・アレハンドロさんも本にて何度も書いているとおり、質問者が何を求めているのかをお互いに確認してからリーディングを行うのが本当に大切なのです。

 

時には、「何で悩んでいるのかわからない」「なんか、もやもやしている」という方もいらっしゃいますし、

もしくは表面的な質問にとらわれていて、本当に自分の根っこにある悩みにまだ氣がついていない方もいらっしゃいます。

 

それを、一緒に確認するために、丁寧に時間を使うのです。

質問が決まった時点で、半分くらい終わったような感じです。それくらい、大切なこと。

 

時に、「こんなくだらない質問で申し訳ないのですが・・・」と言いながらもご依頼いただく場合もあります。

でも。

 

本当にそれを聞きたくて、たとえそれが、「軽い」質問だったとしても、本人がそれを聞きたい!ということを自覚していれば、カードは本当に深い部分を示してくれるのです。

 

勉強会の時の風景(個人セッションの時は写真、撮れませんからね・・・)

 

 

たとえば、〇〇さんにどう接したらいい?という質問から、自分が今まで避けていた「感情を素直に表現する」ことを今、やる時期だということが明らかになったり。

 

お金のことで悩んでいる・・という質問から、「本当はご主人にわかってほしい」、ということが明らかになったり。

 

大切なのは、セッションを終えてご依頼者様が何かに氣がついたり、行動しようと思ったり、すっきりして何かを持って帰っていただくこと。

この時間は、カードを介して氣づきを得る時間なのです。

わたしがすることは、そのあと押しに過ぎないわけで。

 

なので、単なる「先を読む占い」という認識ではいないのです。

 

軽めの質問・・・と思っていても、本当にそれが聞きたいことだったら遠慮せずにどうぞご相談くださいね。

 

★☆マルセイユ・タロットをベースに、ご相談内容に応じたセッションをおこなっています。詳細はこちら→

 

★☆あるテーマに沿った1年間のサイクルをタロットで拝見して、それぞれのアドバイスをお伝えします。バランスが崩れる時も、どのように対処したらよいかの「解決カード」をひいていきますので、実践的なリーディングを心がけています。詳細はこちら→

 

Tags:    

«
»

what do you think?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください