TOP
story Tarot

“キャラクターを素で生きられることへの憧れ”

以前の投稿で、ソウルカードとパーソナルカードの出し方を紹介しましたが、(ソウルカードとパーソナルカード

 

パーソナルカードが今ひとつよくわからない

 

と質問をいただいたので、それに関わることを書いてみますね。

 

ソウルカードは、生まれ持った本質であるのに対し、パーソナルカードは外側からみられやすい傾向、もしくは環境によってそうなりやすい、という解釈をしています。いわゆる「キャラ」という感じでしょうか。

 

数秘でいうと、パーソナリティーナンバー

西洋占星術でいうとアセンダントの星座

 

というイメージでしょうか。

 

外側って何?という感じですが、たとえば自分ではあまりそう思ってないのに

 

あなたってこういう人だよね♪

 

と言われる傾向、のような感じです。

 

 

そして、一方で、自分が「そうなりたい」とか「そうやって生きたいな」と顕在的に思うような性質でもあるようにも思います。

もしくついつい振る舞ってしまう、というような。

 

自分の本質と、「キャラ」に差があることは別に悪いことでもありませんし、うまく活かせよい要素ですね。

ここがあまりに違う場合は、意識的にバランスをとると良いかも知れません。

 

そして、これはまだ数例しかないのであくまでもわたしの「仮説」なのですが、

自分のパーソナルカードの番号を、ソウルカードで持っている人に憧れを抱くのではないかなぁとも思います。

 

自分がそうありたいと思って振る舞っているキャラクターを、素で生きている人はなんだかうらやましいですよね。

 

ちなみに、わたしのパーソナルは「6」。長男はソウルカードが「6」。

長男のように生きられたらしあわせだろうなぁっていつも思っているのでした。

 

なかなか面白いので、是非身近な人でやってみてくださいね♪

 

★☆タロットリーディングのセッションを行っています。ご相談内容に応じてオラクルカード、占星術チャート等を読み解きながら行っていくオリジナルセッションです。

詳細はこちらから→

 

Tags:

«
»

what do you think?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください