TOP
Stones story

“メッセージを伝えるためだけの石組み。”

わたしにとって、タロットと石は底抜けに「好き」なことなので、仕事というより、「呼ばれてするもの=コーリング」の要素が強いのですが、だからこそ、いわゆる今の社会の時間や枠組みにはなかなか合わせられないこともあるんですよね。

 

特に、石に関しては時期がくるまで本当になにもできなくて、

石の前に座ることすらできなくなるんですよね・・・

 

 

ただ、「その時」がくると、本当になにかに動かされるように、石のところに連れていかれます(汗)

 

ここ1ヵ月くらい、なかなか石から呼ばれなかったのでご依頼いただいた方々には大変お待たせしてしまったのですが、ようやく石たちから呼ばれるようになりまして、一氣に組み上げています。

 

今回は、不思議なことがありました。

 

予定が一日びっしりで、遅めに帰宅した日、どうしても、「今組みなさい」という感覚が強くなって

引寄せられるように、石と向き合っていました。

 

ご依頼いただいてた石の組替えだったのですが、

もう、全く違うものをとにかくこれとこれ、あ、これ、という感じであっという間に組み上がったブレスレット。

エネルギー的に確認しても、その方に必要とでたので、あっという間に組み上がったものを写真に撮り、お伝えしました。

 

翡翠、水晶、ハウライト、オパールの組み合わせ。

 

その写真をみたご依頼者様は、「ああ・・・こういうメッセージだ・・そしてこれはきっと、あのためだ・・・」といろいろと瞬時に理解なさったようで、

今、必要なメッセージだ・・・

 

とたくさんのことを思われたようです。

 

そして、これはそのメッセージを伝えるためだけに組んだようで、

実際の組み直しのブレスレットではなかったのですよね。

 

本当に、石って不思議だと思います。

 

石もそうですが、タロットもそういう「言葉でいわないほうが伝わる」ツールのひとつですよね。

あらためて、物質がもつ素晴らしい力を垣間見せていただきました。

 

☆★インスピレーションや、占星術、ヒューマンデザインのライフテーマ等を読み取り、必要としているサポーター達をお選びすることでオリジナルのブレスレットをお作りしています。詳細はこちらから→

 

Tags:    

«
»

what do you think?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です