流れはいつ、誰が起こすのか ~過去のパワーストーンにサポートしてもらったエピソードから~

Stones

こんにちは。石とタロットが大好きなMiyoです。

さて、今回は過去のエピソードを俯瞰してみてみようということで、わたしの別ブログ「しあわせ原村生活」からエピソードを紹介いたします。

こちらのブログでは、過去「日常ときどきスピリチュアル」という題名でやっていたアメブロの記事も含め、日々つぶやきのようなことをつづっていますが、パワーストーンで検索すると、すんごくたくさん出てきます(笑)

 

なんなら、毎月購入していたパワーストーンブレスレットによる自分の変化をレポートしてますね、毎月。

それくらい、過去すごい量のパワーストーンブレスレットを購入していたワタシです。

これ、全部じゃないですからね・・・汗

 

今は自分で組んだブレスレットを定期的に見直して、組み換えをしながら1本を大切に身に着けています。

 

さて、前置きはこれくらいにして、参考にするエピソードはこちら。(夫の転職とパワーストーン

長男が生まれたあと、オットがすぐに無職になり、それに対して・・・ということですが、

ちょっと長いですがお付き合いください。(一部割愛しています)

夫の転職とパワーストーン

昔購入したブレスレットを眺めていて、ああ、これは本当に素晴らしく「効果」を示してくれたな。
と、感じたブレスレットがあった。

実は息子が生れてからすぐに、主人はあまりのストレスに会社を辞め、無職になった。

常識的に考えると、子どもが生まれてこれからお金もかかるぞーって時に無職になるなんて、本当にありえないんだけど、ストレスにより皮膚病も悪化していたので、私も賛成した。

当然、お互いの両親には内緒で無職夫婦の子育て生活が始まっていた。

私はそうはいっても、半年くらいの充電で次の職を見つけるだろうと思っていたし、辞める時にすでに転職活動くらい始めているかな、と思っていたのだけど、甘かった。半年がたっても、転職活動すらする気配がない。

世の中は、リーマンショックで不況の嵐。主人は40を超えている。

そして、前職のときにある程度の収入があったので、マンションも買ってしまった。

比較的楽観的な私も、さすがに日を追うごとに減っていく貯金をみて、焦った。

主人にそれとなく問いただそうとしても、はっきりしない。

詰め寄ると口論になるから、ただ、信じて見守るしかなかった。

すぐに行動したいタイプの私は「見守る」ことが大変苦手で、「自分だったらこうするのに、なんでやらないかなー」と勝手にストレスをためていった。そして、転職活動を始めたころには、思った通り、全然決まらない。

主人が希望する条件に合うところなんて、世の中にあるのだろうか、という気すらしてきた。(客観的にみても、結構厳しい条件だったと思う。)

もう、いよいよ貯金も底をつきかけて、私は子育てと不安で相当なストレスをためていた。もう、私が復職するしかないか。そう考え、息子の保育園をなんとか見つけて、こっそり復職のための活動を開始した。

そんなときに、見つけたこのブレスレット。もう今月で結果が見えないと保育園に返事もしなくてはならないし、ダメ元で身につけてみよう、私自身がしっかり乗り越えないと、と思って購入した。

値段も安かったし、見た目もどちらかというと好みではなかったので、正直あまり期待していなかったのだけど・・・なんと、2週間後に、主人が希望する条件ぴったりの会社がみつかり、トントン拍子で決まってしまったのだ。しかも収入も現状維持。

本当に、夢をみているかと思った。

この件も、やはりそれまでの過程というか、流れがあって、努力があって・・・のことなのだけど、「助けられた」感覚は群を抜いて強い。

今でも、ここ一番!って時に身につけようと思っているのだが、今のところそのような状況がないため、出番を待ってもらっている。

ありがとう。感謝感謝。当たり前なんだろうけど、パワーストーンは値段ではないんだなー、と実感したのはこの時だ。

ちなみに、主人はちゃんと今の会社で働いていて、以前よりもストレスなく過ごしている。皮膚病は相変わらずだけど、前職よりも早く帰宅できるし、家族で過ごせる時間も増えた。とてもありがたい転職だった。

 

いやぁ、切羽詰まってますね(笑)

あれから13年くらい経ってますが、今でもあの時の感情はくっきりと思い出せます。

 

さて。

このエピソードで、いったい流れはいつ、だれが起こしたのでしょうか。

 

そうですね。わたし自身ですね。

もう、私が復職するしかないか。そう考え、息子の保育園をなんとか見つけて、こっそり復職のための活動を開始した。

ここです。

腹をくくり、どんな状況になっても、生活を守っていかないとという氣概。

あの時は、なりふりかまわず、保育園をみつけ、以前のツテを頼り復職を具体的に考えていました。

 

本当は、やりたくなかったし、イメージもできなかったし、先が見えなかった。

でも、自分がやらないとこの生活、子どもは守れないかもしれない。そういうときに動いた自分自身。

 

その覚悟が、あきらかに流れをつくり、パワーストーンは助けをもってきてくれたのでしょう。

 

本当に当たり前のことなんですが、自覚的に使うエネルギーほど強いものはありません。

自分で腹をくくって、決めて、行動する。そこではじめて「ミエナイモノ」のサポートが実感できるのでしょう。

 

ついついふわふわっとミエナイもののサポートに重点がおかれがちですが、目の前のこと、日常を大切にする行動をすることがやはり大切なんですよね。

 

流れは、自分で起こせるし、いつでも、起こせるのです。

 

石やタロット、カードや占星術などは、そのサポートには心強い味方になってくれるでしょう。

 

 

Miyo

Miyo

八ヶ岳西麓・長野県原村在住。タロット歴は20年以上。現在は魂の道をサポートするSoulpathⓇサポーターとしても活動中。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


魂の道を歩んでしあわせ循環を

Miyo

Miyo

八ヶ岳西麓・長野県原村にて石とタロットからの学びを続けています。 タロット歴は20年以上。20代で口コミで100人以上のリーディングをこなし、15年前にカモワン・タロットに出会ってからカモワン・タロットのみ扱っています。現在は魂の道をサポートするSoulpathⓇサポーターとしても活動中です。

オンライン・タロット講座

タロット・リーディング

オリジナルパワーストーンツール

よく読まれている記事

  1. 1

    カモワン・タロットを購入しようとして大変だったこと。

  2. 2

    「正義」が8であること

  3. 3

    なんで、タロットは「怖い」のか

TOP