今、行き詰まりを感じているすべての方へ ~剣のキングと金貨のナイトを踏み込んで考えてみる~

Tarot

こんにちは。Miyoです。

淡々とやっているInstagramでは、夏至からほぼ毎日、必要なメッセージをひいてアップしています。

ストーリーではなく、リールでやってる意味は

 

後でデータをみたかったから

 

が大きな理由です。

 

印象としては、やたらでてるなーというカードがありまして。それは、剣のキングと金貨のナイトです。

夏至から今日まで、152日間で、数えてみると、

両方とも 5回

でています。3.9%の割合です。

タロットカードが78枚なので、確率的にいうと、1/78 1.3%の割合ででるのが順当なので、

3倍の確率で出現しているわけです。

そのほかにも、印象としては、剣のナイトがよくでてるなーと思ったのですが、

剣のナイト3回

でした。そうでもなかった。

このほかにも、3回はワンドのキングとか、世界とか。順当にいくと、今まで2回でてて普通、って感じなのでそこまでではなかったですね。

データってやっぱりすごい。客観視できます。

 

さて、この毎日のメッセージは、

わたしと、わたしにご縁あるすべての方々へ必要なメッセージをいただきます

と設定してひいていますので、今、これを読んでくださっている方、そういうことですよ。

 

ここ最近ですね。

特に、秋分を過ぎてからでしょうか。

行き詰まり感やうまくいかない感じ、もしくは、なんとなくはまっていない感じ

そういうのを感じた方は多かったんじゃないかなーと思います。

 

かくいうわたしも、いろいろ「あれれれ???」って感じになってましたから・・・

そのつらかった感じはここらへんに書きました。

再びお金を介入しない何かを模索した10月を振り返る

 

占星術的にとか、詳しく見ればわかるのでしょうけど、なんとなくですね。

次の時代にいよいよ具体的に入っていく時期がせまっていて

そのために、個々人で越えなければいけない課題が具現化されたんじゃないかなと思うのです。

 

潜在意識的にはおそらく、アセンションが騒がれた2012年あたりから変容が始まっていて、

風の時代といわれるような変容とともに、だんだんと具現化してきているのでしょう。

 

なので、社会全体の課題はもちろん、個々の「どうありたいか」を考えされられることが、多角的にやってきているのかなと思うのです。

 

なので、ここは、誰にも依存せず、自分の力で、自分と向き合って越えていくことになるでしょう。

 

そのような時期に、頻繁に出ていた2枚のカード。

そこにヒントがあるかなと思います。

 

まず、剣のキング。

このカードはですね。とにかく、判断する際には合理性、理論性を優先することを伝えています。

とはいえ、子どもっぽい「合理性」ではありません。

世の中には、感情や衝動、理論で割り切れない何かがあることを十分にわかったうえで、今は、合理性を優先する

そういうイメージです。

なので、例えばですね。

自分が今、付き合っている人やコミュニティがあったとしましょう。

居心地はいい、みんな好き。でも、なんとなくやっていることは割に合わない気がする。

そういうときの判断として、

自分は今、この団体の中で、どういう事実をもらえているか

という事実、客観性を軸に判断する、ということです。

どんなに居心地がよくても、歴史が長くても、事実として軽んじられていたり、拘束時間がながかったりすれば

どこかに支障がでるのです。

そういう、「事実」で判断していくのが、剣のキング。しっかり頭を使って、感情を理解しつつ、合理的な判断をする。

そういうことが、今、とても大切だよっていうことです。

 

そして、もう1枚。

金貨のナイト。

こちらは、今まで築き上げてきたスキルやキャリアを、自分の衝動を軸にした世界に活かしていこうぜっていうことを伝えています。

まだ、金貨の世界にいるカードですから、「そこに向かう」ことを意識すればいい。決めると思えばいい。

そんな感じです。

 

例えば、今までやってきた仕事のスキル。技術。そんなに労力をかけなくてもできること。

それを、報酬がいいところで活かせば報酬につながるけど

本当にやりたいことに使っていこうよってことです。

お金よりも、自分の内側や衝動、本当の本当にやりたい純粋さに、自分のスキルを行使すると決めていく

そんなことが本当に大切になってくるよっていうことです。

 

なので、この2つのメッセージをご自身の環境にあてはめて、

ちょっとだけでも、意識して行動してみてください。

 

何か、突破口がみえてくるかもしれません。

 

何かのきっかけになったらうれしいなと思います。

 

タロットは占い枠でよく捉えられますが、潜在意識をうつす鏡のようなものです。カードとの対話により、言語化をとおしてよりくっきりと意識して行動する。そうすると今まで見えてこなかったことも鮮やかになってくるかもしれません。そんなことをお伝えしています。

オンライン・タロット講座はこちらから→

 

Miyo

Miyo

八ヶ岳西麓・長野県原村在住。タロット歴は20年以上。現在は魂の道をサポートするSoulpathⓇサポーターとしても活動中。

関連記事

おすすめ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


魂の道を歩んでしあわせ循環を

Miyo

Miyo

岐阜県生まれの東京都育ち。ベンチャー企業での猛烈社員時代を経て2014年に八ヶ岳西麓・長野県原村へ移住後、石とタロットからの学びを続けています。 タロット歴は20年以上。20代で口コミで100人以上のリーディングをこなし、カモワン・タロットに出会ってからカモワン・タロットのみ扱っています。現在は魂の道をサポートするSoulpathⓇサポーターや企画会社メンバーとしても活動中。

オンラインタロット講座

タロット・リーディング

オリジナルパワーストーンツール

よく読まれている記事

  1. 1

    マズローの欲求段階を、タロットの「人間界」のカードの流れで考えてみる

  2. 2

    なぜ、カモワン・タロットなのか

  3. 3

    2025年7月までにやっておいたほうがいいことをきいてみた~リーディング勉強会より~

TOP
CLOSE