質問を決めていく

Tarot

タロットをリーディングしていくときに、とっても大切なこと・・・

 

それは、「質問を決める」ことです。

 

詳しく状況を知る必要はありませんが、ご依頼者が本当になにを求めているのか、

そして、ご依頼者がそれを聞くことで「どうなりたいか」を、タロットリーディングの前に、一緒に考えていく時間、

それが質問を決めていく時間です。

 

これは、実は本当に大切で、リーディングの充実度の半分以上を占めるといってもいいかなと思います。

実際に、わたしもリーディングさせていただくときは、ここの質問を定めるまでの時間をとても丁寧に運びます。

 

 

これって、聞くほうも、普段からよほど自分と向き合っていないと、

本当に自分が望む「質問」をするのはなかなか難しいのです。

 

たとえば、「金運があがるかみてください」みたいな質問は、やはりリーディング前に

 

なぜ、金運があがってほしいのか

お金を手にしたらなにをしたいのか

 

そういうところからほぐしていって、実は聞きたいことはここにあったのか・・・!ということを掘り下げていったっほうが

依頼者も、リーディングする側も、すっきりとカードに向き合えるようになりますね。

 

そして、聞くときですが、必ずしも目の前の本人のことだけしかみられないわけではありません。

できるだけ関係者を明確にして、すべての関係者がHAPPYになるような状況を目指していくと

いろんな方向がみえてきますね。

 

リーディングするときは、言葉になっている部分だけでなく、

その人に寄り添う、状況に寄り添う、関係者に寄り添う、そういうスタンスでいくと

依頼者が思ってもみなかった質問が、すっとでてくるかもしれません。

 

 

 

Miyo

Miyo

八ヶ岳西麓・長野県原村在住。タロット歴は20年以上。現在は魂の道をサポートするSoulpathⓇサポーターとしても活動中。

関連記事

おすすめ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


魂の道を歩んでしあわせ循環を

Miyo

Miyo

八ヶ岳西麓・長野県原村にて石とタロットからの学びを続けています。 タロット歴は20年以上。20代で口コミで100人以上のリーディングをこなし、15年前にカモワン・タロットに出会ってからカモワン・タロットのみ扱っています。現在は魂の道をサポートするSoulpathⓇサポーターとしても活動中です。

近日開催講座

タロット・リーディング

オリジナルパワーストーンツール

よく読まれている記事

  1. 1

    ~REAL FANCASY~現実世界に継続的に希望を持ちつづける

  2. 2

    ソウルカードとパーソナルカード

  3. 3

    オンライン・タロット講座 開催のお知らせ(10月14日スタート)

TOP