TOP
MajorArcana story Tarot

“戦車と7のエネルギー”

今日は、メジャーアルカナの「Ⅶ 戦車」をみていきます。

 

7は自己探求の数とも言われますが、なんとも捉えるのが難しい数字です。

ミスティカル数秘術のノボさんは、7についてはこのように説いています。

 

自然界でこのパターンを象徴するシンボルは少なく、事象としては虹が挙げられます。

虹はつかまえどころがないものの代表です。

変幻自在がこのパターンの強い可能性の部分で、人生の謎に向かっていきます。

(中略)

7:ヘプタは、真実を理解するために、深く真髄に注ぎ込む波動を持つパターンです。

(中略)

7:ヘプタは理解のパターンです。したがって、きわめて科学的ですが、画一的で一面でしかない科学思想に引き込まれることなく、全体を認識しています。

(『ミスティカル数秘術』ノボ・カリプソ著/小松原さおり訳 ナチュラルスピリット社より)

 

これだけではなかなかつかみどころがありませんね(笑)

 

一方で、タロットのⅦ戦車のカードをみていきましょう。

マルセイユタロットに限らず、戦車は行動、成功、支配などがキーワードになってきますが、カモワン・タロットにおけるキーワードは「世界における行動」です。

このカードの中には、三角形と四角形が多く登場します。

 

マイナーアルカナにもたびたび登場する三角形、四角形は、それぞれ精神世界と現実世界のことを示します。

Ⅶの戦車にはそれがバランスよく構成されていることで、このカードの登場人物は「精神世界の大切さも、そして現実世界のこともわかったうえで」行動するのです。

かといって、このカードは動きがあるカードでもなく、見ようによっては動かないようになっているようにも見えます。

圧倒的なエネルギーを持ちながら、地に根ざし、自分の世界、エネルギーすべてを愛し、行動してかたちにしていくカードなのです。

 

なので、このカードは事業の成功や、力強さもあらわし、人間世界での最高カードともいえるでしょう。

 

7がバランスを崩すときは、「固定化」しようとするとき。

行動すること、変化に応じて自分の心理を発見していくことが7のエネルギーであり、固定化しようとしたとたん、エネルギーは淀み始めます。

自分自身の中にある真理、それを追求して探求していくことが、7にとってのエネルギーの源なのです。

 

★☆マルセイユ・タロットをベースに、ご相談内容に応じたセッションをおこなっています。詳細はこちら→

 

★☆カモワン・タロットの共同創作者、アレハンドロ・ホドロフスキーさんの著書をベースにカモワン・タロットの勉強会を開催しています。場所は長野県原村近辺です。多くの人にタロットの素晴らしさを知っていただきたいので資料代とお茶代のみでやっています。

(2018年は2月から開始予定です。) 詳細はこちら→

 

 

Tags:

«
»

what do you think?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください