2023年7月リーディング練習~怒涛の変化の時代を自分らしく生き抜くために~②

Tarot

リーディング勉強会でリーディングした内容の一部を紹介している続きです。

セルフリーディングで、お題は

 

怒涛の変化の時代を自分らしく生き抜くために意識したほうがいいこと

 

でした。ばーっといきます。

 

新しい視点をいれ、学び続けること。今やっていることの専門性を深めていくこと

 

芽生えてきた新しい価値観を外に出していくこと。考えていなかったような選択肢も考慮していくこと。

 

本来は、生活や日常の安定に課題がある人に対し、教えたり何かを繋いだりできる立場になるはずなので、情熱を注ぎたいと思えるところにその都度価値観が合うコミュニティを意識して知恵を発揮していくこと

 

本来は次々と自分の内側の衝動を創作的な活動や作品を通じて試行錯誤しながら表現していくことが魅力な方が何らかの理由でできていないので、一つ一つ具体的な決断をすること。それは自分自身が本当に集中させたい部分をみながら感情表現を伴ったかたちでやっていくことを意識するとよい。

本来は非常に優しく周囲に尽くす親しみやすさを持ちながらも合理的に理論的な判断ができるところが自分らしさの人だが何らかの理由でできていないので、古い価値観を手放していくことを意識するとよい。手放そうとすると一人で全部やろうとしたり、人と一緒に何かを作ることに課題が出そうなので、自分の本当に純粋に大切にしたいことを立場をとって伝えていくことを意識すると本来の自分らしさがでてくる。さらに、尽くしすぎてしまう傾向がでたときは自分の中にある抗えない衝動、欲求のようなものを意識すること。

 

といった感じでしょうか。

みんながそれぞれの個性を発揮して自分らしく生きられれば自然と平和になっていきますね。

 

タロット、ぜひ活用してみてください。

☆タロットを知恵を学ぶツールとしてお伝えするオンライン・タロット講座。詳細はこちらから→

現在募集中の講座はこちらです→オンライン・タロット講座開催のお知らせ(8月3日スタート)

 

 

 

 

Miyo

Miyo

八ヶ岳西麓・長野県原村在住。タロット歴は20年以上。現在は魂の道をサポートするSoulpathⓇサポーターとしても活動中。

関連記事

おすすめ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


魂の道を歩んでしあわせ循環を

Miyo

Miyo

岐阜県生まれの東京都育ち。ベンチャー企業での猛烈社員時代を経て2014年に八ヶ岳西麓・長野県原村へ移住後、石とタロットからの学びを続けています。 タロット歴は20年以上。20代で口コミで100人以上のリーディングをこなし、カモワン・タロットに出会ってからカモワン・タロットのみ扱っています。現在は魂の道をサポートするSoulpathⓇサポーターや企画会社メンバーとしても活動中。

オンラインタロット講座

タロット・リーディング

オリジナルパワーストーンツール

よく読まれている記事

  1. 1

    カードの「意味」を一歩踏み込んで理解する~自己内観へつなげる~

  2. 2

    初めてのタロットは、エジプシャンタロット

  3. 3

    占星術のハウスカスプをまとめていて、「皇帝」が示す安定の深さを思い知る

TOP