TOP
MajorArcana story Tarot

“「大道芸人」と過ごした1ヵ月”

さてさて、カードと1ヵ月過ごしてみよう!なディープ企画の2ヵ月目。今回は「大道芸人」です。

最初の愚者はこちら 「愚者」と過ごした1ヵ月

大道芸人についてはこちらも書いてます 大道芸人と1のエネルギー

 

大道芸人は、自分のソウルカードでもあり、やはりなじみのあるカードでもあるので、なかなかメッセージがこなかった愚者と違ってペラペラおしゃべりできるかなーと思いきや・・・

 

何もない・・・話しもしない・・・笑

 

ただただ、沈黙のまま、1ヵ月が過ぎていきました・・・・

 

一方、メッセージはないけれど、めまぐるしい感じだった1ヵ月。

仕事もあらゆるジャンルのものが次から次へとやってきました。

企画のこと、みんなでやるイベント、自分のセッション、新しい仕事の話し・・・

 

なんというか、「これでもか!」ってくらいいろんな種類がわーっと来た感じだったのですよね。

 

それでもメッセージないまま、タロット勉強会でシェアの時間がきて、起こった出来事、をそのまま伝え、次のカード「女教皇」に変えようとしたとき、ようやく話しかけてくれました。

可能性やエネルギーをカタチにするのは、まずは自分の可能性を信じられるところから始まる。

 

それは、自分で氣がつくこともあるだろうし、

人から指摘されることもあるだろうし、

よくわからないまま手をつけることになったこともあるだろう。

 

すべてのものが、自分の中にあるからこそ、机に並べられるのだ。

過去に経験した何でもないようなこと、自分が歩んできた道の中にあるすべてのものが、可能性として持っているもの。

嫉妬したり、うらやんだり、そういう感情や状況ですら、自分の過去からの可能性に繋がっていることに氣がついてほしい。

 

そして、カタチにするからこそ、一歩を踏み出せることも覚えておいてほしい。

 

宇宙的なエネルギーの現実化は、限りなく宇宙的であり、限りなく個人的であるように、

この地球だからこそ、現実化するための手順がある。

 

まずは、並べ、選び、始めること。あとから加えてもいい。

とにかく、自分の中にあるものを確認することが大切なのだ。

 

うん・・・そうだね・・・

まずは現実をつきつけて、あれこれ考えるというよりは、事実を把握させてからの、メッセージ。

さすがでございます。

 

そして、女教皇に変わった日から、急に本を読みたくなるという。面白すぎる、カードたち・・・

来月も楽しみです。

 

★☆マルセイユ・タロットをベースに、ご相談内容に応じたセッションをおこなっています。詳細はこちら→

 

★☆あるテーマに沿った1年間のサイクルをタロットで拝見して、それぞれのアドバイスをお伝えします。バランスが崩れる時も、どのように対処したらよいかの「解決カード」をひいていきますので、実践的なリーディングを心がけています。詳細はこちら→

 

 

 

 

«
»

what do you think?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください