TOP
MinorArcana story Tarot

“Ⅴ ~誘惑~”

さて、今回は小アルカナの「Ⅴ」をみていきます。

持っている数字は大アルカナのものと共通することはもちろん、頭の片隅においておきましょう。

Ⅴに関する投稿はこちら

教皇と5のエネルギー

悪魔(ⅩⅤ)と5のエネルギー

 

物質的安定の次にくる5の世界は、新しい視点、輝かしい理想に向かった変化が入ってきます。

とはいえ、5は現実と理想の狭間のような、お互いをつなぐような、行ったり来たりするような、

そんな自己認識のための道を歩むような数字です。

だからこそ、キーワードが「誘惑」となっているのでしょう。

 

大アルカナでは、教皇と悪魔が登場するのも5。

教皇は、理想の世界を理解しつつ、現実世界にとどまり、弟子を導く自分の立場をしっかりと全うする。

悪魔は、すべての創造性の源となる深い無意識への闇への道をいざなう。

一見全く正反対の立場をとる二つのカードが実は深い部分でつながっているのも、5のおもしろさです。

5は、つなぐ、導く、根本的な変化というのがキーワードになってきますね。

 

4枚の小アルカナを観察すると、杯、金貨の華やかさに比べ、剣、棒はシンプルにみえますね。

杯、金貨は安定の「4」の中心に、新たな要素が生まれているように描かれています。それは、今までとは違った視点。道。

愛であれば、今までの熱意や対象が変わっていったり、熱狂的に愛せる何かが見つかっていくような

物質であれば、安定した生活の中にその安定をベースとした何か新しいものが入ってくるような

思想であれば、今までの自分の小さな知的世界から、他者の受け入れ、理想への変容

創造性であれば、精神を鈍らせる古い習慣を捨て去ることを促す。

そういうイメージでしょう。

 

愛の世界の始まりと、物質世界の安定の間にある5は、いろいろな意味で、つなぎ、バランスし、変化を遂げていく

植物が栄養成長から生殖成長へうつっていくような、そういう根本的な変化をあらわしているのです。

 

★☆マルセイユ・タロットをベースに、ご相談内容に応じたセッションをおこなっています。詳細はこちら→

 

★☆カモワン・タロットの共同創作者、アレハンドロ・ホドロフスキーさんの著書をベースにカモワン・タロットの勉強会を開催しています。場所は長野県原村近辺です。多くの人にタロットの素晴らしさを知っていただきたいので資料代とお茶代のみでやっています。

詳細はこちら→

 

Tags:  

«
»

what do you think?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください