イヤーリーディングの活用例:11月の振り返り

Tarot

こんにちは。八ヶ岳の西麓・原村は、毎朝氷点下となり、霜も本格的におりてきて、すっかり冬景色となりました。

さて、タロットを内観や、心のメンテナンスに使う方法のひとつとして、一つのテーマに対する1年間の流れのようなものをひいて、自分へのメッセージを書いておくイヤーリーディングを紹介しています。

 

イヤーリーディングについてはこちらもどうぞ

テーマを決めて1年分をよんで表現する・イヤーリーディング活用法

イヤーリーディングの活用例:1月、2月の振り返り

イヤーリーディングの活用例:3月の振り返り

イヤーリーディングの活用例:4月の振り返り

イヤーリーディングの活用例:5月の振り返り

イヤーリーディングの活用例:7月の振り返り

イヤーリーディングの活用例:8月の振り返り

イヤーリーディングの活用例:9月の振り返り

イヤーリーディングの活用例:10月の振り返り

今回は、11月の振り返りです。

 

11月:新しく学んだり、意欲をもてなくなりそう。なので、視点を変える、立ち止まる、内観する。焦らずにいったんとまることを恐れずに。

というのがリーディングメッセージでした。

 

11月はどうだったかというと・・・

11月というより、10月からちょっと新しい学びや意欲が全然もてなくって、なんだか動けないなぁ・・・っていう感覚をもっていたんですよね。

体調を崩したっていうこともありました。

 

そして、一つ、全然違う体験をすることになったんです。これは、別の原村生活をつづるブログで記載したのですが

一生ご縁がないであろうと思っていたベリーダンスを体験してきた。

 

それがですね・・・思いのほか、よかったのですよ。

身体の感覚的なことと、言語化の融合というか、ああ、こういう世界があったのかー--ってね。

そこから、ちょっと、いや、だいぶ動けるようになってきました。

久しぶりに占星術のワークショップもやってみようって意欲もでてきまして、告知まで一氣に進めたり

☆進化占星術から読み解く☆冥王星から 魂の個性を知ろう ワークショップやります。

 

主催しているチャリティーイベントの準備にもようやくエネルギーを向けられるようになりました。

 

まさに、違う視点ですよね。

わたし自身、ソウルカードが「大道芸人」なので、裏カードである「力」のように、身体の内側のエネルギーに触れるのは意識的にやったほうがバランスがとれるんですよね。うんうん。

 

さて、12月はというと・・・

12月:やっていることが楽しみながら仕事になり、喜びとともにできていく。

 

お。おそらく、数少ない正位置かも。あはは。

 

今月も楽しんでいきたいと思います♪

 

☆イヤー・リーディング(サイクル・リーディング)のご依頼はこちらから→サイクル・リーディング

☆オンラインでカモワン・タロットの講座をやらせてもらっています。随時リクエストいただいて開催しています。今募集中のものもありますので、よかったら

オンライン・タロット講座

オンライン・タロット講座開催のお知らせ(1月11日スタート)

 

 

Miyo

Miyo

八ヶ岳西麓・長野県原村在住。タロット歴は20年以上。現在は魂の道をサポートするSoulpathⓇサポーターとしても活動中。

関連記事

おすすめ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


魂の道を歩んでしあわせ循環を

Miyo

Miyo

八ヶ岳西麓・長野県原村にて石とタロットからの学びを続けています。 タロット歴は20年以上。20代で口コミで100人以上のリーディングをこなし、15年前にカモワン・タロットに出会ってからカモワン・タロットのみ扱っています。現在は魂の道をサポートするSoulpathⓇサポーターとしても活動中です。

タロット・リーディング

オリジナルパワーストーンツール

よく読まれている記事

  1. 1

    名無しのアルカナ(ⅩⅢ)と3のエネルギー

  2. 2

    何を信じるか~セドナロックへの熱~

  3. 3

    マズローの欲求段階を、タロットの「人間界」のカードの流れで考えてみる

TOP